1970年代、パリの左岸Paris Rive Gauche(パリ・リヴ・ゴーシュ)の
ノスタルジックで自由な精神を彷彿とさせる、
シェードのひとつひとつは大胆な発色と、
こだわり抜いた色彩、そして底知れぬ愛情を表現しています。
フランソワ・ナーズのビューティのヴィジョンの
原型とも言えるコレクションです。
1970年代、パリの左岸Paris Rive Gauche(パリ・リヴ・ゴーシュ)のノスタルジックで自由な精神を彷彿とさせる、シェードのひとつひとつは大胆な発色と、こだわり抜いた色彩、そして底知れぬ愛情を表現しています。フランソワ・ナーズのビューティのヴィジョンの原型とも言えるコレクションです。
“どこへ行くにも、いつも母はブラッシュと一緒だった。”
—FRANÇOIS NARS, FOUNDER & CREATIVE DIRECTOR