GET THE LOOK

Single and
Hardwired Eyeshadow

NARS グローバルアーティストリーディレクターの伊藤 貞文が、シングルアイシャドーとハードワイヤードアイシャドーを使用して、アーティストリー・デイルック・ナイトルックをクリエイト。

NARS
グローバル
アーティストリー
ディレクター
伊藤 貞文(SADA ITO)

2001年にニューヨークから帰国後、NARS日本一号店(伊勢丹新宿店)のカウンターでメーキャップスタイリストのキャリアをスタート。やがてニューヨーク、パリ、ロンドン、東京、ソウル、バンコクなど世界のファッションウィークに活動の場を広げ、広告、有名ファッション誌、TV、PVなどでも活躍する。
2018年にNARS グローバルアーティストリーディレクターに就任。クラシカルからポップ、モードまで、メーキャップのスタイルは幅広く、繊細なテクニックと感性で、独自の世界観を創造し続けている。

2001年にニューヨークから帰国後、NARS日本一号店(伊勢丹新宿店)のカウンターでメーキャップスタイリストのキャリアをスタート。やがてニューヨーク、パリ、ロンドン、東京、ソウル、バンコクなど世界のファッションウィークに活動の場を広げ、広告、有名ファッション誌、TV、PVなどでも活躍する。
2018年にNARS グローバルアーティストリーディレクターに就任。クラシカルからポップ、モードまで、メーキャップのスタイルは幅広く、繊細なテクニックと感性で、独自の世界観を創造し続けている。

Artistry

Artistry

シングルアイシャドー 5329をベースとしてまぶたに広げます。シングルアイシャドー5357を目尻からアーモンド型を描くようにカラーをのせます。次に目頭と目の中央にも、シングルアイシャドー5329をハイライトとしてのせます。
ブラッシュ 4013N ORGASMをほほ骨に沿ってのせます。唇にアフター グローリップバームを塗ってから、フルビニール リップラッカー 2430を塗り、指先でぼかします。

Day Look

Day Look

ベースメークの後、まつ毛にそってベルベットアイライナー 8176でラインを描き、ブラシでぼかします。シングルアイシャドー 5330をまぶた全体に広げ、シングルアイシャドー 5322をまつ毛のラインにのせ陰影を与えます。ブラシを水で濡らし、シングルアイシャドー 5312でアイラインを引きます。
ブラッシュ 4013N ORGASMをほほ骨より少し高い部分にのせます。フルビニールリップラッカー 2431を直接唇につけ、指先でなじませます。

Night Look

Night Look

コーライナー 8225を上下のまつ毛のラインに入れ、ぼかします。ハードワイヤードアイシャドー 5337をまぶたにのせて陰影をつけ、その上にハードワイヤードアイシャドー 5351を重ねます。下まつ毛のラインを強調することで、夜外出する時に更に目をひきつける魅力的なルックになります。ハードワイヤードアイシャドー 5351を目頭にハイライトとしてのせます。ブラシを水で濡らし、ハードワイヤードアイシャドー 5340をまつ毛に沿ってのせアイラインを描きます。
ブラッシュ 4045をほほ骨に沿ってのせます。パワーマットリップピグメント 2780を唇のセンターにのせ、ぼかします。

Sada's Picks

NARS グローバルアーティストリーディレクターの伊藤 貞文が厳選したおすすめの組み合わせをご紹介します。

Soft Essentials × Hard Wired Sheens

ベーシックでニュートラルなカラー「ソフトエッセンシャル」と、ドラマティックな輝きを与える「ハードワイヤードシーン」の組み合わせ。

Contrast Shades

コントラストのあるカラーの組み合わせ。

Same Textures

同じテクスチャーの組み合わせ

Same Tones × Various Textures

同じトーンのカラーで異なるテクスチャーの組み合わせ